2009年02月28日

今日の造型

uma.bmp 毎日おなじの弄ってるのもあきちゃうんで いろいろ・・きょうは馬
 胴体も作ってるけど 全然できてないので また後日。 耳が難しいな・・・・ロバと紙一重 これもあとで調整かな!!
posted by づづ at 06:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

螺旋・・訂正記事

  こんどは 正しくできた例です・・・

neji1.jpg綺麗な螺旋になってるとおもいます。 グルーブで盛り上げた結果も良好のようです。





neji2.jpg真上からみても良いですね。






neji3.jpg ネジもどきに仕上げてみました。

  
 今日の 教訓 その2

 いい年しても失敗から学ぶことは多い!! 
 
posted by づづ at 01:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

先週の答えの勘違い・・

 
先程の投稿記事に勘違いがあったので訂正しておきます。
螺旋を描いていく工程で ばらばらの線分になると書きましたが
3Dラインのオプションで オートターミネートをチェックしてあると
1本づつばらばらになってしまうということでした。

 最初から1本のラインで描けば 始点と終点のポイントを修正するだけで あとは ラインフィットコマンドをつかえば 綺麗な螺旋になります。
あとで 画像を載せたいと思います。

 失礼しました。

 新たな教訓  思い込みで作業するな!! でした。
posted by づづ at 00:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

先週の答え

 一応 先週の答えなんですが 同じのを作ってもおもしろくないので
違う形状で・・・・ やりかたは同じなので。

rasenn.jpg円柱を出しました。そしたら
2Dのプレーンを利用して クレイをスライスするラインを描きます。






rasenn2.jpgあとは円柱上のラインの交点を3Dのカーブでクリックしていくだけです。

たぶんこの時点では1本づつばらばらのラインになってるはずです。
線分どうしもスムーズにはなってないです。本当はこの時点でいっぽんづつ綺麗なラインにしておくと 後の結果がよくなるんですが 線分が多すぎて面倒になってしまったのでやってません。


rasenn3.jpgばらばらの線分をjoinで一本のラインにしていきます。つないでゆくと綺麗なラインになっていきます。






rasenn4.jpg全部つながりました。じつは真上からの螺旋形状をちゃんと確認してなかったので上から見ると綺麗なラインになってませんでした。 横着をするなってことですね。横着をするとどうなるかっていう悪い例としておきます。





rasenn5.jpg本当は綺麗なネジのような
形状になる予定でしたが できそこないのソフトクリームみたいなもんになってしまいました。

   今日に教訓  手間を惜しむな!!
posted by づづ at 23:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

応用問題

 傘の作り方の応用

どうやったのでしょう。 答えはもう出てるので 回答はなしです。

kuso4.jpg ケーキにのっている生クリームみたいな形状です。








kuso6.jpg上から見ると赤矢印のように
うねうねっとしています。







kuso7.jpg横から見ると なだらかにカーブしています。


 コピー&ペーストをすればよいのは わかると思います。
では 最初の形はどう つくればよいのか?
それが問題です。

   悩め!!



ラベル:claytools
posted by づづ at 21:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

今日の造型・・

ちょっと まめに更新しようかなって・・

造型っていい響きだよね。

 さて何を作ろうか・・・

神社 仏閣 石像なんかが 好きなもんですから そんなネタばかりですが・・・
 
  ・・・鬼瓦でも作ろうか。

 今回は ちゃんと下絵をつくったぞ。
oni.jpg いつもだいたい適当な絵を描いたり 写真見ながらなんだけど 今回は計画的造型だ。







oni2.jpg まずベースになる部分をワイヤーカットで押し出す。








oni3.jpgまわりのちょっとでっぱた部分を
押し出す。








oni4.jpg顔の部分をインフレイトで膨らます。








oni5.jpg口の部分も同様につくる。








oni6.jpgブーリアンで顔のパーツから
口のパーツを削り取る。







oni7.jpg最初に描いておいた2Dのラインを
顔面に投影して 下絵にする。







oni8.jpgあとはもうひたすら 削る均すの
いつもどうりの工程が 延々と 納得がいくまで続きます。







oni9.jpg大体形になってきました。
この時点では 様々なパーツがバラバラの状態で作りこまれています。
全部一体でつくってしまうと 細かいパーツの解像度にあわせることになってしまうので 非常に動作が重くなってしまうので それぞれ 作りやすい解像度ごとに 作ってます。 それからパーツをバラでつくるとパーツの境目を
シャープにできるので 良いです。



oni11.jpg完成です。 今回はメモリーに余裕があったので 最後に すべてのパーツを一体化させました。
 作りのまずいとこは 適当に テクスチャーでごまかすのも
いつもどうり・・・・・本当は瓦だから こんな石みたいな 質感はないんだけどね・・・



 
oni12.jpg以前に作った 別の鬼瓦もついでだから載せておこう。




ラベル:claytools
posted by づづ at 05:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

詰めClaytools


 といことで 気を取り直して・・・

buttai X02.bmpさて これをどうやって作ったのでしょう?
 Claytoolsの機能だけでできてます。

ほかのソフトの併用はなしです。 もちろFreeformを使うのもなしです。

 螺旋は 適当には 描いてません。 一定のピッチでできてます。
もちろん Claytoolsには 螺旋を描くコマンドはないので
数値的に 正しくはありません。 でも見た目は ある一定の基準に沿って描かれています。 

 さて どうやったのでしょうか?

 回答は 来週・・・・
ラベル:claytools
posted by づづ at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

やれやれ・・・

  claytoolsの入力装置であるOmniがいかれちゃたので なにもできないでいたのですが、
 どうせだからとOmniを分解してみたら なんてことない 税込みでも200円もしない
 ちっちゃいマイクロスイッチが へたっているだけだった。 1ミリくらいしかないスイッチのオン、オフを
直接 硬いプラスチックの部品でやってるんだもの 具合が悪くなって
当然だよね。 けっして安くはないシステムなのに こういうところに
設計した人の配慮が足りないと思うのは 僕だけではないと思います。
 日本人だったら きっとこういう作りにはしないと思う。
こんなの完全に 自主回収で 新たに設計しなおした部品と無償交換するレベルだよ。

 何事にも 文句つけたがるアメリカ本国で 誰も文句つけないのが不思議?  

 若い時分であったら 確実にOmniを床にたたきつけて木っ端微塵にしてるの確実なできごとですが、
 なんとかうまいことなだめながら使えば
まだ使えそうなので もうすこし我慢してやることにした。

 でも アメリカ本社に苦情のメールでも出してやるつもり・・・・


  
posted by づづ at 20:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

連載漫画(うそ・・) バサラくん

butaketu.jpg
プリッ!  プリッ!




狛犬 阿行ketu.jpg
俺も・・・プリッ!  プリッ!



basara kora-.jpg
こらー!!! てめーら

人様にケツをむけるんじゃねー




basara  nanndemone-.jpg

ん!! 何か 言った?
posted by づづ at 16:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

鯨 その後・・

 鯨を仕上げてる途中で 入力ディバイスが昇天されてしまったのですが
ぎりぎり 仕上げることができたので アップしたいと思います。

kujirakunbara01.jpg 先日のは左右対称で片面つくって
ミラーコピーのままでしたが ポーズを変えて見ようと思いました。


ポーズの変更なんかはどうするかっていうことで
実際にやっていることをかきだしてみました。
 以前はボーン変形機能なんかのあるバージョンもあったのですが現在
はなくなってしまったのでポーズ変形は 力技です。
  変形させたいところでカットして またあとでひとつのパーツにして
 繋ぎ目を均すという地味な作業をしていきます。
変形させてしまうと ミラーコピーができなくなるのである程度かたちが決まってきてからの
作業になります。なので 対称にしたい部分は先に別パーツにして クレイのコースネスを
あげて仕上げてしまうのも良いかもです。

先日の鯨を 大胆に変形させてみました。まず輪切り状態にします。




kujirakunbara02.jpg



繋ぎ目を埋めていきます。


kujirakunbara03.jpg




kujirakunbara04.jpg大体適当に隙間を埋め終わったところです。


kujirakunbara05.jpg海面にジャンプしてるところをイメージして ヒレも別パーツにして大胆に形状を変形させました。


kujirakunbara06.jpgがたがたになっている繋ぎ目を
均して 一体化する直前です。




kujirakunbara07.jpg別角度から・・



kujirakunbara08.jpg丁寧にスムージングしていきます。


kujirakunbara09.jpg眼の周りは解像度を上げたかったので別パーツとしました。


kujirakunbara10.jpgディテールアップしていきます。







kujirakunbara11.jpg大体頭部ができてきたので このあと胴体の後ろ半分と一体化して完成です。



kujirakunbara13.jpgようやく完成です。といいたいところですが 入力装置である Omniのスイッチがいかれてしまったので
胴体の一部がまだ がたがたしてますが・・・・無念じゃ



ラベル:claytools 造型
posted by づづ at 03:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

わっ 最悪だ!!

  Claytoolsは 特殊な入力装置をつかうんですが、先程
ついに壊れてしまいました。
 ペンのようになっている部分についているスイッチが いかれちゃったみたい。 スイッチのバネがだめになったのか、もどってこない。

 困った!!

 修理なのか、新しいのに代えるのか・・・・・・
壊れたのは スイッチだけだから新しいのに交換する必要もないんだけど・・・・・

 問題は いくらかかるかなんだ。 いずれにしても このままじゃ
なにもできないしなあ。

 まいった・・・ 購入した代理店のひとは退社しちゃってもういないし、 どうしましょ。
posted by づづ at 02:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする