2009年05月15日

クレイツールスで できること-その2

えー 前回はプレーンを配置するとこまででしたが・・・

昨日は ちょっと暴言をはきましたが、あえて良いソフトになって欲しい

ということで 苦言を呈するということにしておいてくださいませ。

 でっ、プレーンにカーブを描いて なにができるかってことですね。

では

tatu-1.jpg


 まず 新たなパレットをふたつほど開いて見ます。

 Sketch と ConstructClayというふたつのパレットを開きます。

 簡単にふたつのパレットの説明をしますと

Sketch プレーンに2Dのカーブを描くコマンドが納められている。
ドローソフトを触ったことがある人には おなじみのコマンドばかりで

 特に変わったものはないので 個々のアイコンについての説明は 省きます。

実際のところ イラストレーターのデーターをインポートしたほうが

効率がよいです。今回の作例もイラストレーターのデーターを使います。 

 ConstructClay このパレットには これがなきゃ

はじまらないぜClaytoolsっていうくらい 重要なコマンドが納められてます。 

 要は スカルプトする為の 基本オブジェクトや それを作るための

ツールが 入ってると考えてみてください。


 では手始めにSketchパレットの 矢印で示してるSketchImportアイコンをクリックします。

 このアイコンは プレーンに A.Iや ビットマップの画像を インポートします。

今回は イラストレーターで描いた タツノオトシゴを読み込みました。

tatu-2.jpg
 



カーブが読み込まれたところで ConstructClayパレットの のアイコンをクリックしてアクティブにします。

 このコマンドは Inflateといって 2Dの閉じたカーブを元に 膨らませるツールです。


カーブの片面か、もしくは両面を膨らませるかの選択。

 
膨らみ加減かな、 緩やかにするか 鋭角ぎみにするかスライダーで
調節します。

 
いろんな場面で出てくる 芋虫アイコン 挙動が緩やかになって
微調整が効くので 私の場合常に ONにして使ってます。

 
このコマンドで 作成されるオブジェクトを 新たなオブジェクトにするのか、それとも現在アクティブなオブジェクトに追加するのかの選択です。



 で、どうなるかってことですが カーブを選択すると 親父の手のようなアイコンが現れるので それを引っ張ってやると 風船のように
オブジェクトが膨らんできます。ほどよい加減でやめます。

 ごらんのようなタツノオトシゴがあらわれました。

tatu-3.jpg



 ついでに ヒレや目玉も 同様につくってみました。

あとは 気に入るまで スカルプトを進めていくわけです。

今日は こんなとこですかね。 他のアイコンについてはまた後日!!
posted by づづ at 02:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする