2009年07月30日

続・続・続・クレイツールスでできること

新しいクレイツールス2.0が 発表されたところで 私にはあまり関係ございません。

もともと購入した代理店が取り扱いやめてるし、アップグレードできるのかどうかもわかりませんし・・

ユーザーになんのお知らせも届かないって どういうこと?

 まっ、 内容をみるとそれほど劇的な機能アップといわけでもなさそうだし、

いずれにしても クレイコースネスを上げたときの モデリングスピードが改善がなされないと

ちょっと 買い換えようとは思えなさそう。 あいかわらず要求するハードの性能が高そうだし・・


 それより まず使いこなすことが先決!!

ということで また続きです。今日は  B-3 EmbossWithCurveです。

押し出す.jpg



昨日のTugWithCurveで使った 球体をそのまま使ってます。Tugで選択したカーブを

再度選択します。 以下コマンドオプションです。

① 押し出す、もしくは押し込む距離の指定

② 押し出す、もしくは押し込むかの選択実行
   
  クリックすると 上図のようになる。今回は押し出した。

③ 押し出し方の選択 面の法線にしたがって押し出されるか、 もしくは単純に平行に押し出されるかの選択

  どういうことか 説明しずらいけど 3Dソフトでモデリングしたことがある人なら わかるはず。

  
一概には言えないけどTugWithCurveは 有機的なものより
 
  メカニカルなものの造型に有効な感じです。まだまだ続くぞ・・続きを読む
posted by づづ at 03:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

バージョン2.0・・・

 最新の claytools V.2.0が発表されたようです。 
 V2.0 What's Newの日本語翻訳PDFを Sensable technologies日本支社のサイトから ダウンロードして 見られます。
posted by づづ at 20:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

続・続・・クレイツールスでできること

また先日からの続きです。

A-2のSliceClayからの流れになります。

基本的に 2Dカーブは下図のようにProjectSketchでオブジェクトの表面に投影して3Dカーブに
します
投影.jpg

投影-2.jpg



 御覧のように プレーン上の任意の2DカーブはProjectSketchしますと、オブジェクト上で3Dカーブになります。

が、 SliceClayで作成される ラインも3Dカーブなので ものはついでにとばかりに
 

Bの工程にいきたいとおもいます。

まずB-1 DeformClayパレットにあるTugWithCurveにいきたいとおもいます。

引っ張り出す.jpg


 図のように 基本オブジェクト上のラインを選択してオムニで引っ張り出すか押し込むか
するだけです。
①のオプションで 盛り上がり具合を調節します。左側は鋭角的に、右側は丸くなります。

 それだけですが、利用法として生物の筋肉の表現を作りたいときなどに有効ですね。

 次はまた後日。
posted by づづ at 04:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

続・クレイツールスでできること・・ 

さて 先日の続きです。

ひとつづつ 作例をつくってみようかとおもいましたが ちょっとたいへんなので

応用編は またあとでということで 基本の球体を例に 解説しようとおもいます。

まず A-2の作業工程 プレーンでのオブジェクトの分割

 基本の球体を出し、プレーンを配置したら、下図のアイコンをクリックします。
分割-1.jpg


するとプレーンが オブジェクトの中心に移動します。

分割-2.jpg




その次に SliceClayのアイコンをクリックします。
SliceClayコマンドのオプションが下に並びます。
分割-3.jpg


① プレーンで二つに分割するか、分割数を指定していくつかに分割するか
  選択します。
  左のアイコンを選択した場合 ⑤のApplyをクリックするとプレーンを境に
  二つに分割されます。
  今回は右のマルチスライスを選択します。
②で分割数を指定します。今回は4です。
③で分割の間隔を指定します。 今回は15ミリです。
④はプレーンのどちら側を分割するか指定できます。
 Flipすると反対側が分割されます。

全部指定すると上図のようになるので これでよければ⑤のApplyをクリック。


 すると下図のように青いラインがオブジェクト上に引かれますので
つぎにSpparateWithCurveアイコンをクリックします。
分割-4.jpg



分割-5.jpg


任意のラインを選択、今回は2番目のライン、オムニのボタンを押します。

すると選択したラインで別のオブジェクトとして分割されました。

 今回はプレーンを利用して分割しましたが、オブジェクトに直接描いた3Dカーブ
でも分割することが可能です。それについては また機会があったら書きます。

 今日は以上。

ところで オムニってなんだっておもいますが 

正確には FHANTOM Omni クレイツールスの入力ディバイスのことです。
posted by づづ at 23:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

クレイツールスでできること その3

ずいぶん久しぶりになってしまいました。

クレイツールスのネタでどこまで綴ったか忘れてしまいそうでしたが

Planesパレットの中のコマンドまで書いたとおもいます。

前回は タツノオトシゴを作る途中までやりましたが

今回は つづきはやりません。 なぜならプレーンをつくってそこに2Dラインを読み込んでから

できる作業がまだあるからです。

そこで プレーンに2Dラインを読み込んでからできる作業を書き出してみます。

とりあえず プレーンに2Dラインを読み込んでからの作業の流れは

下に示した図のようになります。

コマンドの流れ.jpg


 図のように おおきく二つの流れになるかと・・

Aグループは 2Dラインのまま 次のコマンドに移行していきます。

Bグループは 2Dラインを オブジェクトに投影して3Dカーブに変換してから

次に行く流れ


 それぞれは またひとつづつ作例をだしながら説明したいとおもいます。

 今日は こんなところで・・・
posted by づづ at 05:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする