2009年08月05日

自動車のタイヤとホイールをつくってみよう!!最終回



その前に 昨日の記事に誤りがあったので 修正しました。


では Wirecutで仕上げる 段取りですね。

ホイール仕上げ-1.jpg


説明するまでもないので・・

ホイール仕上げ-2.jpg


 今回は切り抜きではなく 1.5ミリ 数値入力で凹ませました。
ホイール仕上げ-3.jpg


と、こうなります。

ホイールの完成です。

ホイール仕上げ-4.jpg


続いて タイヤの加工にいきます。

ホイール仕上げ-5.jpg


文字を Wirecutで押し出します。

ホイール仕上げ-6.jpg


こんな感じで綺麗に押し出されました。ちなみにタイヤの

クレイコースネスは 0.1ミリで それに対し文字の押し出しは

0.3ミリでした。

ホイール仕上げ-7.jpg


全体を表示してみました。 あとはタイヤのグルーブです。

溝は Embos with Imageコマンドを使います。

このコマンドは グレースケールまたは白黒の画像をはりつける、または

巻きつけることで、 凹凸をつけることができます。

白く抜けてる部分が 凹凸になります。 黒はマスクだと考えれば良い

でしょう。

でっ、 次のような画像を用意しました。

mizo.jpg


これを 巻き付けます。
ホイール仕上げ-9.jpg


これで実行しようとしたところで問題が発生!!

タイヤのコースネスが 細かすぎて メモリー不足で動かなくなって

しまったので、 急遽 タイヤを 2パーツに分割して 

グルーブを造るほうのコースネスを0.2ミリにして実行しました。

その結果は 下図のようにうまくいきました。

ホイール仕上げ-8.jpg



 最終的な仕上がりはこんなです。 Claytoolsは 粘土感覚みたいのが

売りのソフト(システム)ですが プレーンとカーブをうまく使うと

こんな CADみたいなモデリングもできてしまいます。きっちりしたものを

造るのもまたおもしろいですね。

ホイール仕上げ-10.jpg



 また、ネタをかんがえなきゃ・・・・


posted by づづ at 04:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。