2009年10月29日

こんなことが・・

 したいなって おもっていたわけさ・・・


そもそも 話は 前後してしまうのですが、

 先日のガネーシャは たとえば (毎度へたくそな絵ですが)

gane-RP-0.jpg


こんなのを 実際に造型するとしましょうか、 大きさは まあだいたい3.6メートル

くらいの 発泡スチロールの削りだしとします。

実際ではもっとちゃんと 無駄のないように ブロック組しますが

大雑把に こんな感じで組むことと想定します。

zousan.jpg


だいたい ひとつのブロックが450×900×1800の大きさとします。

で、 作業として 正面、 サイドの輪郭で いらない部分を 落としていって

zousan2.jpg


これは 輪郭をうつしとったものです。実作業でもおなじことをします。

zousan3.jpg

 
サイドから いらない部分を 落としました。 落とした部分は

足りないところに足したりするのに使うほかはすべてゴミです。

なんと贅沢な・・・・


zousan4.jpg



正面から輪郭を切り出すとこうなりますね。

あとは ひたすら カービングの作業になるわけです。


想像されるとうり この一連の作業では 大量のゴミがでるわけですね。

作業の半分は ゴミのかたずけといっても 過言ではないです。

発泡スチロールの ゴミは静電気でまとわりつくし 髪の毛や

服の中に入った粉などは

家のなかまでもちこみかねなくて 非常にやっかいなのです。


なので 仕上げの作業をのぞいて すべて PCでの作業、

そして切削RPによる出力ができたらいいなって思ってました。

 

仕事の流れとしては 造型ソフトでのモデリング  
                ↓
            ブロックごとの分割
                ↓
            データーの引渡し
                ↓
                切削
                ↓
            加工品の受け取り 仕上げ作業


・って 具合ですが このあいだ  ゴミは 加工業者さんのところではでるんですが

 機械で加工するから 細かい粒子になるので リサイクルにもよさそうなんですがね。

 実作業としては 仕上げだけなんで かなり楽な感じだとおもうんだけど・・・

 やったことないひとには イメージしにくいとはおもうんだけど

 発泡スチロールの削りだしってけっこうしんどいんだよね。


 大体 PC上の作業工程なんかはこんな感じ

 モデリングは 先日までに紹介したとうり

こんな感じで できあがってました。

 
gane-RP-1.jpg


 で、 腕の飾りとか 細かいパーツは実際では別につくって

貼るつけたりするんで 今回は非表示にしておきます。

こんな感じ・・・便利だね。 

 
gane-RP-2.jpg

 
 こういうとこが デジタルデーターのいいところだね。

そして、 これをブロックごとに分割していきます。

最初の予定とは違うブロック組になってますが、 これは

なるべく 顔のところに分割線がはいらないようにする為です。

gane-RP-3.jpg


 クレイツールスでは プレーンで分割していきます。


gane-RP-4.jpg



分割ラインがはいったところです。


gane-RP-5.jpg


 実際に分割したところです。 じつは帽子の部分は忘れてますが・・

遺跡みたいでこれはこれでおもしろいかも。 

gane-RP-6.jpg


 顔面のパーツだけとりだしてみました。


このように デジタルで 造型しておけば 縮小して3Dプリントなど

でも出力できますし、 大きく拡大して 部分ごと切削して

実作業のサポート的な使い方もできるわけですね。雌型で複製する以上

のことが可能なわけです。道具のひとつとしてうまく使いこなせば

とても便利なものには違いありませんね。


 以上 長くなりましたが こんなことがしたかったわけです。
posted by づづ at 16:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

サルベージに成功

  あきらめきれずに いろいろやっていたら なんとかファイルを

開くことに 成功しました。 でもうっかり Omniに触ろうものなら

たちどころに 落ちてしまうので オブジェクトリストでひとつづつ

パーツを非表示状態にもっていって メモリー稼働率75パーセント

でセーブすることができました。 やれやれだ。

 これから先は 解像度をおとしたファイルを 保存して それからまた

ネタの継続ができそうです。


 で 全部表示した状態は どんなかって?

 こんな感じ!!

ganesyakannsei.jpg



 あっ  乳首がない・・・けど いいや もうこれ以上無理だし。

形状として 完成ということで・・

 現世利益をもたらす神 ガネーシャです。

さまざまな障害を取り除き 成功と幸運をもたらす神といわれてます。

このところの不景気で 仕事もなく 超貧乏生活をしてるので

なんとかしてくれよって 感じですね。  切実な想いがこめられとる

わけでございます。 はい。
posted by づづ at 03:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

なんとか・・

 細かいとこは抜きにして ようやくパーツがそろったところで

現状 頭の位置が 変なので 移動させたいのです。

で、 ダミーの頭で 位置を検討して その位置まで移動することにした。


 こんな感じで まず Reposition originコマンドで アクティブな

頭部の中心に ローカル座標を設定します。

head move-1.jpg


これを 移動の起点とするので 座標値をメモする。

  X -24.5158
  Y -0.6998
  Z 52.4300

現状のパーツ構成は 頭部、牙、鼻、目玉、帽子の5パーツ

 それぞれ 解像度が異なるので 一体化しない方向で

すべて メモした中心座標から移動させます。

 まず メインの顔から Reposition pieceコマンドで

head move-2.jpg


 これをダミーの位置まで 数値をいじって 動かします。

head move-3.jpg


そうすると こうなるので、 中心座標から移動した数値をメモします。

 Z 11mm X -3mm Y移動なし
 Y軸回転 -9°

 この数値を 残りのすべてのパーツに適用させれば もとの位置関係

になるはず。

 
head move-4.jpg


 頭だけ移動したところで ダミーを OFFにしてみた。

怖いなこれは・・・いかん。

なので ほかのもさっさと移動させる。


head move-5.jpg


 全部もとの位置関係にうまくおさまったようで・・

 めでたし、めでたし・・と言いたいところだったのだが

調子に乗って OFFにしてあった 手足や 台座を表示させて

全体の画像を キャプチャーしようとしたら 恐れていたことが

起きてしまった。 Claytoolsのフリーズ・・・・・

 しかも よせばいいのに 全部のパーツを表示させた状態で

セーブしちゃったもんだから ファイルが開けなくなってしまいました。

 なんてこったい・・・・ 全部のパーツを表示させた状態での

メモリー稼働率 98%って表示だったのに ついセーブしなきゃって

くせで セーブしちゃったんだよね。

 メモリーがぎりぎりのときは パーツを非表示の状態でセーブしないと

 次回にファイルが開けなくなるのわかってたのに うっかりミスでした。


 残念ながら このネタは これ以上進めなくなりました。

これから 本題だったんだけどなあ・・・・無念じゃ。


 ところで、 のメタル姫ですけど 実は 男の子です。

 とても 可愛らしい女の子っぽい 感じですけどね・・

 でも これからも 新作が観たいと 思うのでした。
posted by づづ at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

もう少し・・・

だましだまし ようやく 形ができて来た。

 もうちょっと、 あと少しの我慢・・・

 メモリーも怪しい・・

 最後まで たどりつけるのか?

gane-atama.jpg



 こんな感じまで来たんだけど、 このあと頭全体を動かして

微調整したいので 頭部をブーリアンで一体化するつもりなんだけど

もしかして メモリー不足で 落ちるかも・・

オムニのスイッチが 言うこと聞いてくれないもんだから

パーツごとに移動するの難しいんだよなあ。

あとは座標値をメモしておいて 数値移動するかなんだけどね・・

ところで、オムニの補修パーツに関しては 進展なしです。

もしかして なかったことになってるんじゃないかと 邪推してますが・・

 もうすこし がんばろ!!

posted by づづ at 12:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

だめっぽい・・

 だましだまし使ってきた クレイツールスの入力ツールである
omniがいよいよ駄目になりつつあります。

 スイッチ部分のへたりなんだけど あまりに貧弱な作りだから
壊れるのは しょうがないとしても 補修パーツの扱いがなく
修理イコール 新品と交換ぽい感じ・・・

 購入した販売店に問い合わせてみたら 本体交換で15万ほどかかるとのこと・・

 200円もしないスイッチのへたりのために 15万払えるわけないっしょ。

 その後 部品だけで 交渉できるかも との返答がありましたが
すでに 一月あまり経過 なんの音沙汰もなし。


このままでは クレイツールスは 使えない高価なおもちゃ もしくは お部屋のインテリアになりそうです・・・

 

 ちなみに オムニってこんなんです。


オムニ.jpg

 
 赤丸部分が だめに なりつつある青いスイッチ。
中に 頭が1ミリくらいのマイクロスイッチがはいっているんだけど
硬いプラスチックで 直接 ゴリゴリやる 単純構造だから
 長持ちしないのは わかりきったことなんだけどね・・・
 ペンスタイラス部の 後ろを 新しいのに交換 もしくは
中の 小さな 基盤・・ 基盤といっても ただ 5ミリくらいの
スイッチに 配線してあるだけの 簡単なボードを交換するだけ
のことなのにねえ。 たぶん 補修パーツとして 部品だけの生産を
してないから 一部パーツの交換を渋ってるんだろうけどね。 

しかし なんで アメリカ人って こういう細かいところの配慮が
足りないんだろう・・すぐに訴訟起こすくせに・・頭が 足りないのか・・わからんけど・・

 通販番組といっしょ、いいことしかアピールしない。
まあ ものの売り方としては それでいいのかもしれないけど
 高額な年間サポート料払わせて 壊れたら全部交換なんて
 あまりにお寒いアフターケアでは ユーザーは困るよね。
サポート料って 掛け捨ての保険と一緒で ソフトの
アップグレードもなく ハードの故障もなければ
ほんとに 無駄金 使ってるだけだもの・・・掛け捨てならもう少し
安くしてほしいよ。
 
 サポート料金払ってないのに えらそうなこというなっていうかもしれないけど、
  ユーザーに 更新のお知らせもないし いつのまにか
サポート料金 倍額以上になってるし、 いったい このソフトメーカーって このソフトを 普及させる気なんて あるのか疑問・・

 過去のフリーフォームのユーザーが 離れていって ZBrushユーザーになっていったのもわかる気がする。
 
 

 TVゲーム機の コントローラーなんて 相当無茶な使い方しても
ボタン部分が 簡単にへたってしまうことなんてないのに・・


 そろそろ ZBrush か 3Dcoat に 完全移行かな・・

 Claytools 簡単で おもしろくて いいんだけどな・・

どうしましょ。  悩み中・・・

posted by づづ at 23:46| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする