2011年06月14日

へんけい

 いろいろとあっちこっちと手をだしては ほったらかしに

していますが・・・ 以前の続き・・・お猿さんのくだりです。


CGはいろいろ便利で 一個造って使いまわしということが

かんたんにできるのですが・・・・

ポーズを変更するのは ちょっとたいへんです。

クレイツールスにはボーン変形機能とか便利な

コマンドはありませんから常に力技で対応せざるをえません。

今日は手の形を変えたいと思います。

以前つくった拡声器を握らせたいと・・・・

te-1.jpg


動かしたい部分のあたりをコピー

te-2.jpg


 
そして移動
te-3.jpg


余分なところの削除って言う感じで作業を進めます。



te-4.jpg


アクティブピースを変更して交互にスカルプトして

繋がるように造っていきます。

te-5.jpg




変形させる範囲を狭めて関節から曲がっているようにしていきます

そしてまた削って馴染ませの工程を繰り返します。


te-6.jpg


最終的にこんな感じになりました。

te-7.jpg




まあ だいたいこんな感じです。 完全に握ってないし、食い込んでるところもありますが

おおよそ握ってる感じに見えればいいので、これでよしとします。
posted by づづ at 18:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

最終回

メイキング オブ タイヤキ 最終回です。

では


1
taisonogo-1.jpg


一応それらしく見えるようなテクスチャーをつけてみました。

食材を型に流し込んだときにできる気泡とか 焼けた肌合いなんかです。

それから 型の間から はみでて焼けた生地なんかも

表現したいので センターに分割ラインをいれて

グルーブツールで盛り上げてみます。


2 
taisonogo-2.jpg


盛り上げたところです。これでは綺麗すぎるので

適当に削ったり、歪ませたりして それらしい雰囲気にしていきます。


3
taisonogo-3.jpg


まっ  こんな感じですかね。 あんまり深く考えもなく適当に・・・

タイヤキなんて しみじみと眺めたことなどもなく食べるばっかり

でしたが、 ネットでいろいろ探すと形も様々、大きさも様々

あるようですね。  今 気が付いたんですが本当は頭のあたりとか

口のとことか もっと丸いんですねえ。 

作りの都合で 角ばってしまいましたが・・・・

こういうのもありということで。


4
taisonogo-4.jpg


お皿を作って、凹型を配置してみました。

どうでしょうか?


5
taisonogo-5.jpg


 召し上がれ!!
posted by づづ at 05:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

凹型をつくる


  しつこいですが つづきです

1
tai-1.jpg


前回の終わりと同じじゃないかと思われますが

実ははすべてのパーツが一体化してます。

前回はまだ パーツが分離していました。

2
tai-2.jpg


タイヤキがすべて納まるボックスを配置します。

わかりやすいように シースルー表示にしてます。

ここでブーリアン・・ ボックスからタイヤキを 

リムーブします。

もうお分かりになるかと思われますが

タイヤキのメス型をつくりたいとおもいます。


3
tai-3.jpg


演算が終わったところで型を2つに割ります。

4
tai-4.jpg


2つ割の凹型ができました。

5
tai-5.jpg


型を開いて見ましょう。

ローカル座標の原点を 型の支点に移動します。

6
tai-6.jpg


開きます。 もちろん左右別パーツなので 

それぞれに開きます。

それぞれ60度で開きました。

7
tai-7.jpg


こんな感じになりました。

8
tai-8.jpg


ペイントカラー表示にするとこんな感じです。

Claytoolsは 雌型が簡単にできるからいいですね。

いきなり雌型を出力することも可能になりますから。

ただし今回のように抜け勾配を考えなくてもいい場合だけですが・・


今日はこんなとこ・・・次回最終回です。


posted by づづ at 19:40| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

つづきです・・・

またまた続きです。

これまでのところをすべて表示してみます。

一番最初にワイヤーカットで作った胴体をアクティブにして

Dキーを押して シースルー表示にします。

空洞になっている部分を残して パーツを分離します。

1
taiyakikun-1.jpg


平面にカーブで選択範囲を描きます。

2
taiyakikun-2.jpg


選択した状態です。

3
taiyakikun-3.jpg


分離しました。


4
taiyakikun-4.jpg


いらない部分を非表示にします。

が・・・・ 尻尾のほうに足りない部分ができてしまいますので

またもとの胴体部から切り出してつくってやります。

5
taiyakikun-5.jpg


頭部と同様に選択のカーブを描きます。

6
taiyakikun-6.jpg


分離したパーツで 隙間が埋まりました。

あとは 段差をならしてやります。

7
taiyakikun-7.jpg


で・・ 現在の状態です。

8
taiyakikun-8.jpg


今日はここまで・・・・まだしばらく続きます。
posted by づづ at 11:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

タイヤキ またもや続き・・・

  また続きです。

地道作業がつづきます。



ヒレをコピーして別パーツにします。



tai-1.jpg



その後 ディテールを作成していきます。


tai-2.jpg



鱗をコピーして一枚づつのパーツにしていきます。


tai-3.jpg



こんな感じ・・・かなりデータ量が増えるので動作が重くなりますが

我慢のしどころ・・

しかし まだ一枚づつばらばらになっているだけで

立体的になっていないのです。このまますべてを合体させても

スジ彫りになるだけなので、タイヤキの鱗っぽくなるように

これをさらに加工していきます。




tai-4.jpg




鱗を重なっているように加工したら 少しづつ合体させていきます。



tai-5.jpg



最終的には鱗だけのワンパーツになります。


tai-6.jpg


こんな感じ

ここまでくるとデータ量が減るので 軽くなります。

今日はここまで まだまだ 続きます。
posted by づづ at 22:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする