2011年09月29日

イルカ つづき・・

   

イルカなんかつくりはじめちゃったわけなんですが

 どうもこうツルっとならないので 別のソフトに助けを依頼。



iruka 2.jpg



 断面曲線を描いてigesと言うファイル形式で書き出してやります。

 で、それをCADに読み込みます。

 こんな感じ


iruka 3.jpg



 
針金細工みたいですが、 ここでラインを綺麗にしてから

 面を張ってやります。


 こんな感じ


iruka 4.jpg


 
 
これをまた書き出してClayに読み込みます。



iruka 5.jpg




 ゴールドの部分がCADで作成したパーツです。 さすがにツルツルです。

 このパーツは 元のパーツと一体化させればとりあえずOK.

あとは 目の周りとか、口の中とか細かい造作をして完成予定。


 あー、あともう一頭いたらどうかなと思って 口を閉じたのも製作中。

 
 
iruka 6.jpg



 これは新たに製作したわけではなく、元の形状をコピーして

 口の周りを切り離して、閉じただけです。 

 デジタルならではの使いまわし技でした。




   
 つづく・・




 






posted by づづ at 18:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

欲を出して・・・



 昨日の続きというか、ついでというか・・


 別のバージョンも作ってみようかなって思い


 ぐりぐりとクレイを弄って・・・イルカなんかどうですか?


s-iru01.jpg



 まだつくりはじめなので ボコボコでがたがたです。 

 つるっとさせたいんですけどね。


 意外とむずかしいんですよね。 シンプルで綺麗な形って。


 できるかな?




 

ランキングに参加してみました。
クリックしてもらえるとうれしいです。


にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
posted by づづ at 22:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

シェルランプなど・・

  エテ工がひと段落したところで・・

次の野望・・おおげさですが・・・


何年か前にこんなものをいただきました。

shelllanp.jpg



 シェルランプです。 沖縄の宮古島でこういうのを作って販売している

お店があるのですが、そこから送っていただきました。

海岸に落ちている珊瑚や貝殻、波で丸くなったガラスの破片なんかを

組み合わせて作っています。

電気をつけてみるとこんな感じ


IMG_0076.jpg



なかなかいい感じです。    が、 ちょっと手を加えたくなりまして

こんなものをなかに入れてみようかななんてたくらんでます。


s-shelllanp kujira.jpg



前に作った鯨をちょっとClaytoolsで編集しました。

これを出力屋さんに出そうかと思ってます。

出来上がりは半透明の樹脂に置き換わるはず・・・・たぶん。

ちょっと楽しみ!!



話は変わりますが、寒い!! 少し風邪気味、頭が痛いし・・・

でも散歩はしています。

今日の丹沢の夕焼け・・・


tannzawa.jpg



   
・・・・・・明日も晴れだなきっと。







posted by づづ at 22:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

デジタルからアナログへ



  さて、前にも書いたけどWizaray-Rって言うソフトを使って立体造形を楽しむ企画です。

忘れていたのでこの辺でちゃんとやってみようかと・・・


 
rion01.bmp


まず Claytoolsでラフにライオンの頭なんかをつくってみました。

 細かいとことか気にしないで ざっくりとでよいのです。


今回はこれをWizaray-Rで立体化しようと思います。


rionhead02.jpg


まず出力サイズですが、どうせなら大きく作りたいです。

Clayでモデリングしたモデルのサイズを測るとおおよそ19センチくらい

それを約60センチくらいにしたいので300パーセントまで拡大します。


rionhead03.JPG


赤枠に300といれると拡大します。 それをstlファイルで書き出します。



rionhead04.JPG



Wizaray-Rに読み込みました。

これを20ミリピッチでスライスします。

ここで注意が必要なのは データがZ軸を下から上に向かって

スライスされることです。(Z軸は一般的に高さのこと) 今回このライオンの頭を

後頭部から鼻に向かって積層したいのでWizaray-Rの編集機能で

読み込んだ状態から90度寝かせて演算させます。


rionhead05.JPG



はい、できました。 何故20ミリにしたか? 20ミリの発泡材で切り出すためです。


rionhead06.JPG



印刷するためのアウトラインです。 本来ならWizaray-Rから印刷できるんですが

今回、モデルサイズを大きくしたため 分割でプリントアウトしなければなりません。

Wizaray-Rでは分割してプリントアウトできないので、

いったんdxfファイルでアウトラインのデータを保存します。

そして印刷のためにイラストレーターに読み込みます。


rionhead07.JPG



プリントアウトの準備のため イラストレーターに読み込んだところです。

このあと分割して張り合わせるためのマーカーを設定したりした後、

これを地道にプリントしていきます。 20レイヤー分ありますから

それなりに大変ですが・・・大変な作業の後にモノつくりの楽しさや

面白さがあるわけですから、がんばりどころです。


デジタルでの作業はここまで。  

あとは地道なアナログ作業です。 これを楽しめるかどうかがポイント!!


   つづく



にほんブログ村 美術ブログ 立体アート・造形へ
にほんブログ村


posted by づづ at 00:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

3人寄っても・・



  
666finish.jpg




666finish-kiku.jpg




666finish-miru.jpg




666finish-sakebi.jpg



 
真ん中に配置されているのは 適当に作ってますが いちおう

もんじゅを模しているつもり・・・


  
 前にも書いたけど3人寄れば文殊の知恵 っていうけど

 3人もいて知恵をだせば文殊菩薩くらい優れた知恵がでようというものだが

 猿並みの知恵では300人いようとも無理な話・・・猿にも失礼か!!


 しかしどこの馬鹿が 高速増殖炉にもんじゅなどと命名したのか? どういう意味で付けたのか聞いてみたいものだ。


 知恵ってのは 懐に銭を溜め込むためだけに使うものじゃないと思うが・・いかが?








posted by づづ at 00:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

声を大にして・・

  

      
叫ばないといけない



sakebi-1.jpg



 これは ただの画像だけれど・・・



 現実がこんなことになる日が・・・来るかもしれない。







  
sakebi-2.JPG






  
だから・・





posted by づづ at 05:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

おさらい



先日の復習です。
 

座標の移動について ・・


zahyou-1.jpg


例のお猿さんがいます。 こいつは6パーツからなっています。

まず下準備から。  足に注目!!

足パーツの基点の座標はとんでもないところにあります。

こいつをすべて( 0,0,0 )の原点に移動してやります。

まあ数字を全部 0にするだけですけど・・・

zahyou-2.jpg


はい移動するとここにきます。 ここがグローバル(ワールド)座標の原点です。

この作業をすべてのパーツに対して行います。 もともと0,0,0にある場合はそのままで。

移動を終えたら決して基点をさわってはいけません。



zahyou-3.jpg



わかりやすいように 真俯瞰からのビューに切り替えます。

今現在いる位置から 矢印の先に移動したいとおもいます。

移動先の座標値は あらかじめダミーオブジェクトを配置してみたりして

調べておくとスムースに作業がすすみます。

今回の場合 (X95, Y-55, Z10)という座標が目標です。 さらにZ軸60度の回転を

加えます。 では移動してみましょう。



zahyou-4.jpg


 あらかじめ調べておいた数値をいれるだけです。 こんな感じに胴体が移動、

回転しました。 残りのパーツにも同じ数値をいれてやります。

 

zahyou-5.jpg


すべての移動を終えました。

納まるべきところにちゃんと移動しているか確認しましょう。


zahyou-6.jpg



ビューを変更して確認しても問題ないようです。

ちょっと面倒くさいけど ひとつひとつ確認しながらの作業というのも

堅実で良いかもしれませんね。


ちなみに基点の移動は RepositionKeyPoint

オブジェクトの移動は RepositionPieces

 という別々のコマンドを使うので注意!!

 よく間違えます。  うまく移動してない時はたいてい混同しています。
posted by づづ at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

配置

 前にも載せたものですが、細部を手直ししたり

 パーツ同士をマージしたりしてデータサイズを半分に縮小

 なんでかというと別でつくっているオブジェクトに

 読み込むためです。

 試しに別件のものを読み込んで配置してみたのがこれ
  

  
三猿-聞く猿 666.bmp



 これ実は5パーツからできているんです。

 それぞれ必要な解像度で設定してあるので 1パーツにまとめることが

 できないので・・・・

  なので移動させて望みの位置に配置するのに気を使わないといけません。

 Claytoolsは 他のCGソフトのようにバラバラのパーツを一度に選択して

 編集したりする機能がありません。

 なので移動、拡大縮小、回転などの編集はちょっと面倒です。

 1パーツづつ動かして しかも全部が元どうりに納まらなければいけないので・・


 どうしたらいいか?

 パーツごとにローカル座標があります。そしてローカル座標ごとに

 編集の基点があります。 幸いこの基点は自由に配置できますので

 ワールド座標の原点、0,0,0に置いてしまいます。

 この作業をすべてのパーツに対して行います。

 すべての移動変形は この基点がもとになりますから

 こうしておけば あとはすべてのパーツに対して
 
 同じ数値をいれてやれば、どこに移動させようと変形させようと

 すべて元の形に納まります。

 すごい面倒です。  ぜひ改善して欲しいポイントです。

 まあ無理だろうけどね・・・ 
posted by づづ at 16:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

いろいろ・・忘れた頃に・・・

 いつのまにか夏は何処かへいってしまいましたが・・・

諸々何処かへいってしまって何もなかったような毎日です。

こんなものつくってました。

666-1.jpg


例のあれですよ!! あれ!!

裏はこんなふうになってたりして・・・


666-2.JPG


 ナンバー オブ ザ ビースト

でっ!! こんなもの配置しちゃったりして


666-3.JPG


 三人寄れば、文殊の知恵 といいますが・・・

要するに、言葉巧みに、理路整然と論破できる知識と教養を持っている

という意味ですが・・・・・・う~ん・・・

と悩みつつ まだ 続くのです。



 
posted by づづ at 15:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする