2011年11月29日

かたちだけ

 
 干支の造形、とりあえず形だけできたので・・

 テクスチャーをつけるためにクレイの解像度を上げたんだけど

 想像どうりかなり重いファイルになってしまいました。

 テクスチャーつけられるかどうか微妙なとこですね。

 もし作業中にかたまってしまうようだと

 残念ながら、これで完成ということになっちゃいますが。


 こんな感じです。


etoryu.JPG

 

 反対側

 
etoryu02.JPG



 
 下から見上げた感じで。

etoryu03.JPG


 柱が見切れちゃってるけど・・

 本当は屋根があるんですよね。

 アングル変えるのも操作が重いな。

 このまま、年賀状用の装飾いれて終わらす可能性大になってきた。





posted by づづ at 21:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

年輪・試行錯誤


 干支造形・・形はほぼできたのですが・・

木のテクスチャーでいろいろ試行錯誤を繰り返していて

なかなか進展しませんね。

CGのデータと違ってマップを貼っておしまいではないので

メモリやPCの性能との兼ね合いもあって

なかなか思うようにはいかないです。


 今回はイラストレータでこんなのを作図してみた。

nennrinntesuto-3.JPG



clay に読み込んでワイヤーカットを適用してみる


nennrinntesuto-1.JPG



いろんなオプションを試したからちょっと荒れているが

LOWERで適用してみたらこんな感じ

nennrinntesuto-2.JPG


まあ使えそう。

龍の造形もこれでいくつもり。

メモリが足りるかどうかが心配ですが・・・






posted by づづ at 01:02| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

年輪テスト


 先日、Claytoolsのワイヤーカットが便利と言う記事を書きましたが、

 このコマンドのオプションにあと4つほどあります。

 今日はそのうちの2つ紹介。

 
wirecut-op01.jpg


 RaiseLowerです。


 画像にもあるように2Dラインの内側を 持ち上げる、へこませるの2通りです。

 平に持ち上げたり、へこませるのではなく、曲面に沿って変形します。


 実際にやってみます。

 干支の龍を試し彫りしてみましょう。

 
wirecut-op02.jpg


 じつはこれも前に違う方法でやろうと記事にしていたんですが

 ワイヤーカットのほうが簡単だなと思ったので、テストです。

 平面に2Dカーブを読み込みます。

wirecut-op03.jpg


 ワイヤーーカットを Lowerで適用中です。

 結果はどうでしょうか。

wirecut-op04.jpg



 うーん 想像していたのとちょっと違うけど・・使えなくもない。

 たぶん 2Dラインをまとめて選択適用したのと、

 クレイの解像度の問題なんでしょうねえ。

 もう少し テストが必要ですね。

 というところで、また違う方法を思いついた!!

  それは、また次回。   

              つづく。





posted by づづ at 15:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

Brainstorm



 マスクに関してもう少し実験してみました。

 前回はマスクをかけたオブジェクトをマージしたら
 
 マスクは引き継がれるかと言う実験でした。

 今回は 2重にマスクをかけたらどうなるかということを

 試してみました。 
masukujiken-1.jpg

 まず ボックスを2個と球体を一個用意します。

 小ボックスと球体にマスクをかけます。
masukujiken-2.jpg

 すべてを原点にそろえて一個のオブジェクトに変換
masukujiken-3.jpg

 ではスカルプトしてみましょう。

 まずはボックス小がでてきました。
masukujiken-4.jpg

 ボックス小のマスクを少し解除して

 さらにスカルプト・・
masukujiken-5.jpg

 結果は残念なことに球体はでてこなかった。
 
 予想はしていたけど・・・う~ん、そうか。

masukujiken-6.jpg

 マスク同士は融合してしまうんですね。

 たとえ融合していなくても マスクを消去するツールは

 下のマスクも消してしまうから、駄目なんですね。

masukujiken-7.jpg

 こんな構成だったら大丈夫なわけです。
 
masukujiken-8.jpg

 こうなりますね。
masukujiken-9.jpg

 マスクを反転してスカルプトしてみた。

 これはこれで なんか面白い雰囲気です。


 何か思いついたら結果がどうあれ、とにかく試してみると

 役に立つ引き出しが増えていいと思うんだけど

 どうですか?

 もちろん、簡単な実験の結果がもっと複雑な実際の作業の結果と

 一致しないこともあるんですが、ものを作る人にとって

 何気ない思いつきってけっこう重要だったりするわけですから。


 


posted by づづ at 18:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

カット・カット・カット


  3Dソフトのコマンドって おっさんには覚えきれないほど

 たくさんありますが、claytoolsにはそんなにたくさんのコマンドは

 ありません。 年寄りには優しいソフトですな。

 そんななかに、お気に入りのコマンドがいくつかあるわけで、

 そのひとつが ワイヤーカットというコマンド。


 これは物凄い便利なのでclaytoolsでモデリングするときは

 必ず使います。

 どんなコマンドかというと、平面に描かれた2Dカーブを使って

 輪郭を切り抜いたり、穴をあけたり、何もないところに2Dカーブの

 断面を押し出したり、また2Dカーブの形でオブジェクトのほうから

 押し出したり、へこませたりと このコマンドだけで

 けっこういろんなことができてしまう優れものなんです。

 
 では ワイヤーカットで簡単なモデリングを実践してみましょう。



wirecut01.jpg



 まずは 平面にイラストレーターで作成した2Dカーブを読み込みます。

 赤丸で囲んでるやつが ワイヤーカットです。

wirecut02.jpg



 まずはワイヤーカットを適用するカーブを選ぶんですが

 すべて選択することもできるし、カーブを1個ずつ選択することもできます。

 今回は右側のふたつを選択。 

 選択すると ワイヤーカットをどのように適用するかの

 オプションが並んで出てきます。 今回はカーブの内側を作成。

 クリエイト インサイド を適用。

 どれくらいの大きさにするかは数字を入力することでコントロール可能です。

 
 
wirecut03.jpg


 
 こんどは残りの漢字です。

 その前に 平面を移動回転してみます。

 平面の移動は 赤丸で囲んだやつ。

wirecut04.jpg


 漢字にワイヤーカットを適用します。

 今回は漢字を構成するカーブを2つのグループに分けて選択しました。

 まず外側

 カーブの外側をカット・・・・カットアウトサイド・・・・これでワイヤーカット適用。

wirecut05.jpg


 そして内側のカーブを選択して

 カーブの内側をカット・・・カットインサイド。

 結果・・という漢字が完成。


 とりあえず 基本の3つのオプションを使いました。

 まだ残りのオプションがありますが、それはまたの機会に。


 では 出来上がったものを見てみましょう。


wirecut06.jpg


 
オスメス

 ぐるりとまわって


wirecut07.jpg


 
まわって

wirecut08.jpg



         by 直江兼続


wirecut09.jpg


 
 向きを変えると何がなんだかわからんね。

 昔からある こういうオブジェクトも簡単にできちゃいますね。


  今日は こんなところで。






posted by づづ at 21:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

これだれ


  たまにこんなこともやろうかと思い・・・

 
s-jori.jpg

  

 ついこの前まで日本に来てた人のつもり。

 恭子さんじゃないです。


 そのうち髪の毛も生やそう。


 なかなか難しいですね。こういうのも。


 また違うひともちょくちょく作ろうかなとも思う。


 不定期につづく・・・・かも。






posted by づづ at 21:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

うろこのしょうさい


  このところ作業日報と化しているブログを読み返すと

 ちょうど1週間まえに干支の龍造形~左腕完成お披露目していました。

 で? 右腕はどうしたと・・・


 完全に放置してましたね。 今日朝からやれば夕方にはできるだろう

 という考えは甘かった。


 なので今日はいったいウロコ作りはどんな地味作業なんだという

 ことを具体的に紹介します。


 めんどくせえことに、なんで右腕と左腕でウロコの配置が違うかと言うと

 まあ単純に腕の表裏が逆になっているからと言うだけの理由です。


 では早速はじめましょう。

 
 
migiuroko.JPG



 まず 画面のキャプチャーをとって お絵かきソフトでウロコのアタリ用の

 絵を描きます。

 できた絵をClaytoolsに戻して作業開始です。

 下絵を参考に2Dカーブで腕からコピーしたいウロコの形のラインを描きます。

 カーブで選択した範囲をコピー&ペースト

urokosagyou-1.JPG


 で、ペーストした直後ですね。

 この部品を回転したり移動したりしてウロコっぽくしていきます。

 
urokosagyou-2.JPG


 赤丸で囲んだコマンドで 移動の原点を設定します。

 だいたい 動かしたくない部分に置くと作業が早いです。

urokosagyou-3.JPG



 原点を設定したら、移動コマンドに切り替えます。

 パーツの動きを見ながら数値入力で少しづつ移動回転してやります。

 数値入力しなくてもオムニでつかんでグリグリしてやればいいんですが

 ここって言うところに止めるには神業が必要なので

 数字をいれてやるのが賢いと思います。


 大体作業としてはこれだけのことです。これをウロコの数だけやるだけのことです。



 ・・・なあんだ、それだけって思ったね。


 けど、それは 木を見て森を見ず ってことになりかねません。

 
 一通りできたら、全体を見て おかしな所はまた地道に

 動かしてやったり、形がおかしい部分はカットしたり、作り直したりと

 続いていくんですねえ。



 そんなわけで 今日はまだ作業途中でした。


  やっとゴールが見えてきたところで・・・ つづく。




posted by づづ at 18:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

検証シリーズ その3・・くらいかな


  ぼーっと考え事をしているときに、ふとこんなことしたらどうなるんだろう

 と思うことがありまして。

  簡単な実験をしてみました。


kensyou-01.jpg


 まず、原点に四角い箱と球体を用意します。

 リストを見るとわかるように四角という別オブジェクトになってます。



kensyou-02.jpg


 四角のほうをシースルー表示にしておいてをアクティブにします。

 そしてにマスクをかけます。

kensyou-03.jpg


 にマスクをかけたまま四角と合体させて1個のオブジェクトにしてしまいます。

 オブジェクトリストには 四角というオブジェクトしかなくなりました。

 ではこの一個になったオブジェクトをスカルプトツールで削ってみましょう。

kensyou-04.jpg


 削っていくと マスクで保護された部分が出てきました。

 一個のオブジェクトになったのに、マスクは継承されるんですね。

 さらに検証をすすめます。


 マスクは解除しないで選択ツールで四角をすべて選択します。

 選択したら カットしてみましょう。

kensyou-06.jpg


 元のが残りました。

 そして ペースト


kensyou-07.jpg


 また最初のふたつのオブジェクトに戻りました。


 まあ最期の結果は 四角でブーリアンしたのといっしょですが、


 今回は マスクはオブジェクトを合体させても継承されるということ

 を確かめたかったということです。

 

 どんなことに使えるか・・ちょっと考えてることがあるので

 いずれまた記事にしたいとおもいます。

 
 


posted by づづ at 19:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

うみのほうせき


  とりあえず毎日何かを作る・・リアルでもバーチャルでもってことを

 ノルマとしているわけなんですが・・

 まあ、いくら考えたとこで何も出てこないときもある。


 そういう時は好きなものをつくるのが手っ取り早い。

 今日は claytoolsで 粘土をこねるようにウネウネと・・

 
umiusi01.jpg

 

 ナメクジみたいのからはじまって。

 約1時間後に

 
umiusi02.jpg



 こんなものが・・・色がついてないから、なんとも異様な物体ですが

 海の宝石といわれるウミウシです。

 宝石ですよ!! 宝石!!


 時々、熱帯魚店に売っていたりするんですが、

 飼うのが難しいそうです。 すぐに弱ってしまうみたい。


 ウミウシの写真集とか図鑑など何冊かもってますが

 何度みても飽きない。・・・・けど・・


 やっぱり海で出会いたいですね。






posted by づづ at 22:05| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

忘れないうちに


 今日は龍の造形はお休み。

 忘れないうちにこっちも手をつけとかないとね。

 出力するつもりなので・・・




sango.JPG



 前回は思いつきのまま、コピーしただけだったので

 珊瑚を一個づつ編集中。

 大きくしたり、小さくしたり、部分的にコピーしてつなげたり

 回転したり、などなどいろいろ手をつくし

 一個づつ 形をかえていくつもり。

 まだ 途中。  これもけっこう時間がかかる作業だな。


    つづく。




posted by づづ at 21:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

地道作業その後・・


 龍の造形、地道作業が続いています。

いまこんな感じで 左腕のウロコができあがりました。

s-L-uroko.jpg


 左ができたらミラーコピーで反転すれば良いかと思いきや

 右は腕のポーズが違うのでまたチマチマと地道にウロコを増殖しないと

 だめなんです。

 でもこういう単純な繰り返し作業ってやってるうちに快感になってくる

 から不思議です。 何も考えないからなのか、脳内麻薬が出てるのか?

 嫌いじゃないですがね・・・その領域に行き着くまでがなかなかたいへんです。



 あと、ちょっとした追加工作もしました。

s-L-uroko-2.jpg


 わかるかな? 気になっていた隙間に一本ヒラヒラを追加しただけなんですが。


 あとは 右腕のウロコか。 手の指ももう少し短くするつもり。


 そうそうウロコは一枚づつ作った後に腕に合体してます。


  そんなとこで・・・・・・・つづく。





posted by づづ at 19:20| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

きょうもまたすこし

 
  少しだけ弄った 龍。

 腕の後ろの部分。 だいぶ賑やかになってきました。

 ウロコは中断中・・・はやくやらないとね。


hiji-1.jpg



 こうやって出来上がってくると 隙間が気になってくるんだな。

 たぶんバラバラに部品ごとで製作してるせいなんだろうけど。

 本物は一本の木から彫りだされてるから、もっとタイトな感じがあるんですね。

 
 しょうがないから隙間はまた部品作って埋めよう。

 
 本物の職人は偉大だな、やっぱり。




 ところで 公開が後先になってしまいましたが、

bunnkatu.jpg


戦車の部品は のような感じで分割して

出力したのでした。 



      つづく。




posted by づづ at 22:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

ひげはやした


  顎の部分、髭が何とか形になりました。

agohige.jpg



 顎の裏側から・・

agohige-2.jpg



 一応どこから見てもちゃんと繋がるように 

 まんべんなく、ぐりぐりまわしながら造形してます。

 顎から、お腹の蛇腹にもうまく繋がるように修正したりしてます。

 

 もう少しだけど・・・腕のウロコがまだ、ほったらかしです。

 面倒なのはいつも後回し・・・良くない傾向です。









posted by づづ at 20:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

あごひげはやす


    干支造形 龍 つづきです。

 前回適当に髭作って大失敗だったので

 ちょっと計画性をもって作ろうかと・・

 なので、例によってお絵かきソフトを使って

 こんな風にしようと言う絵を描いた。

 
yokogaohige.jpg



 これでだいぶ顔全体のバランスが取れてきたと思います。

 またまたいつものようにサイドからのプレーンに下絵を読み込みます。

yokogaohige-2.jpg



 下絵を参考に2Dカーブを作成してワイヤーカットで

 髭を作成していきます。

 その前に顎の部分をコピーして別パーツをつくります。

yokogaohige-3.jpg


 ワイヤーカットで押し出す部品が馴染むように顎のパーツをマスキングして

 適当にひきだしてやります。

 マスクは解除しないでこのままにしておきます。

 マスクされてないところに ワイヤーカットの部材が吸着して

 顔と首のところに隙間を作る狙いです。

 
yokogaohige-4.jpg



 上からいらない部分をカットします。マスクがかかっていれば

 その部分は保護されて残ります。

 あとは スカルプトツールで形を整えていきますが・・

 まだ時間がかかりそうなので、今日はここまで。


       つづく


posted by づづ at 23:04| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする