2010年06月28日

見えてきた・・

 だらだらとやりながらもだいぶ形が見えてきました。

今回は 胴体を弄っていきます。

tatu-27.jpg


まず 特徴的な 身体のスジを ラインで描いて

グルーブツールで盛り上げていきます。

tatu-28.jpg


こんな感じになります。 とりあえず全体をこんな感じに

するまで、そのまま進めます。

tatu-29.jpg


身体の断面が割りと 角ばっているし、 背中側の突起も

身体のセンターではなく 四角のコーナーにあるので

現状 中央にある突起を移動したいと思います。

選択してコピぺ そして移動します。

tatu-30.jpg


こんな感じで中央から左側へ 数値移動させます。

tatu-31.jpg

移動したら、身体になじむよう 削ったり 盛ったり

均したりします。 まあ大体でいいので、そんなに綺麗には

しません。

tatu-32.jpg


大体できたところで、身体本体と一体化します。

tatu-33.jpg


今度は 横のスジをいれていきます。

平面に ラインを描いて 投影します。

tatu-34.jpg


グルーブツールで盛り上げた直後です。 けっこう くっきり

ラインが盛り上がっていますが、 このまま進めます。

tatu-35.jpg


別パーツにしていた尻尾の部分にも ラインが入りました。

この横ラインをいれるのに 平面に一度ラインを描いてから

身体に投影したのには 理由があります。

それは 身体と尻尾が別パーツになっていたからです。

一体であれば、直接 身体に3Dカーブを描くことができる

のですが、 別パーツだと 2度手間になるので、

平面に すべてのラインを描いて 投影したわけです。

tatu-36.jpg


ここまでできたら、身体と尻尾を一体化します。

盛り上げた スジはまだくっきりとしていて 身体に

なじんでいません。 これを 自然に盛り上がっているように

均していきます。

tatu-37.jpg


均しているところです。 スムースツールの強さを 4~10の間で

調節しながら 均していきます。 ラインの交点部は強めに

他は弱めに均していきます。

tatu-38.jpg


一通り 均して こんな感じになりました。

あとは メモリーの使用量を考慮しながら、クレイの解像度を

あげて 細かくディテールを 仕上げていけば 完成に

向かっていきます。 完成画像は、また後ほど。
posted by づづ at 21:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック