2011年06月05日

凹型をつくる


  しつこいですが つづきです

1
tai-1.jpg


前回の終わりと同じじゃないかと思われますが

実ははすべてのパーツが一体化してます。

前回はまだ パーツが分離していました。

2
tai-2.jpg


タイヤキがすべて納まるボックスを配置します。

わかりやすいように シースルー表示にしてます。

ここでブーリアン・・ ボックスからタイヤキを 

リムーブします。

もうお分かりになるかと思われますが

タイヤキのメス型をつくりたいとおもいます。


3
tai-3.jpg


演算が終わったところで型を2つに割ります。

4
tai-4.jpg


2つ割の凹型ができました。

5
tai-5.jpg


型を開いて見ましょう。

ローカル座標の原点を 型の支点に移動します。

6
tai-6.jpg


開きます。 もちろん左右別パーツなので 

それぞれに開きます。

それぞれ60度で開きました。

7
tai-7.jpg


こんな感じになりました。

8
tai-8.jpg


ペイントカラー表示にするとこんな感じです。

Claytoolsは 雌型が簡単にできるからいいですね。

いきなり雌型を出力することも可能になりますから。

ただし今回のように抜け勾配を考えなくてもいい場合だけですが・・


今日はこんなとこ・・・次回最終回です。


posted by づづ at 19:40| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック