2011年09月11日

配置

 前にも載せたものですが、細部を手直ししたり

 パーツ同士をマージしたりしてデータサイズを半分に縮小

 なんでかというと別でつくっているオブジェクトに

 読み込むためです。

 試しに別件のものを読み込んで配置してみたのがこれ
  

  
三猿-聞く猿 666.bmp



 これ実は5パーツからできているんです。

 それぞれ必要な解像度で設定してあるので 1パーツにまとめることが

 できないので・・・・

  なので移動させて望みの位置に配置するのに気を使わないといけません。

 Claytoolsは 他のCGソフトのようにバラバラのパーツを一度に選択して

 編集したりする機能がありません。

 なので移動、拡大縮小、回転などの編集はちょっと面倒です。

 1パーツづつ動かして しかも全部が元どうりに納まらなければいけないので・・


 どうしたらいいか?

 パーツごとにローカル座標があります。そしてローカル座標ごとに

 編集の基点があります。 幸いこの基点は自由に配置できますので

 ワールド座標の原点、0,0,0に置いてしまいます。

 この作業をすべてのパーツに対して行います。

 すべての移動変形は この基点がもとになりますから

 こうしておけば あとはすべてのパーツに対して
 
 同じ数値をいれてやれば、どこに移動させようと変形させようと

 すべて元の形に納まります。

 すごい面倒です。  ぜひ改善して欲しいポイントです。

 まあ無理だろうけどね・・・ 
posted by づづ at 16:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック