2011年10月25日

繰り返し・・繰り返し


   干支の龍、今日は 腕の鱗です。

 肩から肘、腕先へと連なる鱗を配置するのは

 やはり下絵が必要ですね。 

 肩の部分は いきなりつくってしまいましたが・・・

 で、腕の部分をキャプチャーして またお絵かきソフトで

 下絵作り。

 
udeuroko.jpg


 前回は この下絵をイラストレーターに取り込んで
 
 ラインの作成をしましたが、今日は違う方法。

 
udeuroko-2.jpg


 腕のサイドからのプレーンに直接読み込みました。

 これ、サイズを合わせるちょっとしたコツがあります。

 まずキャプチャーを取るときに 配置されているプレーンが

 すべて画面に納まるようにします。

 そしてキャプチャーしたら、お絵かきソフトで

 プレーンぎりぎりで画面をカットします。

 そして保存。 Claytoolsにもどって、配置されているプレーンに読み込めば

 ぴったり元のサイズで読み込まれるわけです。

 けっして元のプレーンのサイズを変更しないこと!!


 プレーンは 描いたラインが外にはみ出すだけで自動的に

 サイズ更新されてしまいます。






 しかし鱗一枚一枚同じこと繰り返すの、たいへんです。

 これ別に仕事でやってるわけではないからよけいにそう感じますね。

 単純な作業を繰り返すことは、シンプルでありながら

 偉大なことだそうです。

 これは才能などではなく、やる気さえ起こせば誰にでもできることでありながら

 もっとも継続するのが難しいからといわれてます。




 多くの人はその大切さを分かっていながら、

 中々、実践できません。


 才能ではないといいますが、これもまた立派な才能だと思うのですが

 いかがかな?






posted by づづ at 20:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。