2013年01月12日

かくだいしゅくしょう

kakudaisyukusyou.JPG


近うちにデジタル造形について、サイトのほうにまとめようと
思っています。

3Dの出力のためには3Dのデータが必要であるということは
当たり前なのですが、あまりそのことをちゃんとふまえた
記事がないように思えます。
あまりというか、まったくありませんね。
最近流行りの3Dプリンターは魔法の箱ではないということです。
黙って待っていたら立体ができあがるわけではありません。

一番手っ取り早いのは3Dスキャンですが・・
いずれにしても専門家が必要ですね。

一般の人が楽しむには、粘土なんかで造形して
スキャンしてもらい、データ作成してもらう必要があります。
そこからどうするかってとこがお楽しみかもしれませんね。

3Dのデータの最大の利点は拡大縮小が自由だということです。
なのでデータがあれば、大きなものも、小さなものもつくれるということです。

自分で作った粘土のオブジェを小さくしてアクセサリーにしたり
ストラップにしてみたり、けっこう楽しいかもしれませんね。







posted by づづ at 20:30| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。