2016年02月07日

びぼうろく



 もう最近は3Dのモデリングなんて誰でもやっているし
簡単なソフトもあっていい時代になりましたね。

もうモデリングについて私ごときが講釈たれんでも良かろうというわけで
ボケ防止に記事を残すということで、前にも書いたようなことかもしれないから
興味のある人は何かの参考になるかもねってことで。

 ある企み事がありましてこれ
 編集していきます。

出力用ハコフグちゃん002.jpg



 モデリングしたものがあると変更を加えていくのが簡単で良いですね。

3Dモデリングって細部に手を加えたい時に ポリゴンモデラーなどでは
余計な部分は非表示にしてモデリングできたりしますが
ボクセルのモデラーではそういうことができないです。
ただし最新のバージョンではどうなのか知りませんので悪しからず。
私の使用しているClaytoolsは10年前のものなのでできないのです。

なので編集したいところだけ表示させるためにコピー&ペーストを使います。

では実際にやっていきますよ。
sハコ002.jpg

 
まず中の様子が伺えるようにボデイを半分にしちゃいます。
半分選択してコピー&ペースト。
するとこんな感じ。 こいつを編集していきます。
sハコ003.jpg

オリジナルには手を加えません。
あとで編集し終わったら元に戻して一つにすれば良いわけ!!

これの口の部分を開口したいのです。
sハコ004.jpg

こんなこと別に面倒なことしなくてもツールを突っ込んでしまえば穴は開くのですが
できたらきちんときれいに穴を開けたいわけ。
で、スピンコマンドで回転体を作ってブーリアンで穴を開けるわけですよ。
半分にしたのはどんな感じで穴が開くか目視するため。

 何回かやり直してこんな感じで穴ができました。
sハコ005.jpg


ミラーコピーしてさらに確認・・・重要ですよ。
sハコ006.jpg


いい感じにできたところでオリジナルの形状に穴を開ける形状を作成します。
本当はこの口の部分を元に戻せばいいだけなのですが、わざと面倒というか確実な方法を
とっています。

 こんな感じです
sハコ007.jpg

適当な円柱とかを口の中に突っ込んでブーリアンします。

 で こんなのができます。
sハコ008.jpg


 これをオリジナルの形状にはめ込んでブーリアンします。
sハコ009.jpg


 中が良く見えない形状に編集を加えるときはいつもこのようにしてます。
sハコ010.jpg


きれいに開口できたと思いますよ。
見えないところをスカルプトツールで削ってスムージングかけるより
ずっときれいにできると思います。

 まだ編集作業は続くのですが 今日はこんなとこで!!





posted by づづ at 16:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。