2016年02月10日

びぼうろく4

  さて 昨日の続きです。

赤矢印の部分の編集でございます。
sフタの受け.jpg

 蓋の受けになっている部分の厚みを足そうというねらいです。

 今回も必要な部分をコピー&ペーストするとこからスタートです。
トップとサイドに平面を用意して準備完了。
 こんな感じ

sハコ018.jpg

 上面図のラインを使いワイヤーカットコマンドでクレイを足します。
sハコ019.jpg
 ラインの内側を元のオブジェクトまで引き上げる感じですね。

 次にサイドの平面上のラインでワイヤーカット
 余分なクレイをけずりとります。

sハコ020.jpg

 こんな感じでできあがりです。
 ミラーコピーしましょう。
sフタの受け002.jpg

 元のオブジェクトに戻せば編集完了です。
sフタの受け003.jpg

 このあとはヒレの形状を少し変更したいと思います。
sハコ021.jpg

 この作業は地道にスカルプトするだけなので
 とくに記録はしません。

 ひとつのまとまった形に見えますが
 現状はたくさんのパーツが重なり合ってバラバラの状態です。
 
 最終的にこれで良いということになるまではそういう状態で
 保存しておきます。

 完成時にはじめてすべてのパーツをcombine~結合させて
ひとつの形状にします。

 もう少しだけ続きます。

 



posted by づづ at 18:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック