2007年10月15日

実験その2

 また ブーリアンの実験をしてみました
前回より複雑な形状で 実験しました。
 
頭蓋骨の形状でBOX形状の中をくり貫いてみました。
0001.jpg
骸骨を用意して コピペします 
BOXはオブジェクトリストでOFFにしてあるので
見えませんが頭蓋骨を覆ってます。





0002.jpg 削り取った状態を確認するため
BOXを斜めにスライスしてみます



003.jpgうまくいったようです。かなり複雑な形状
ですがきれいに雌型状になってます。
今度はさらに この形状を使って球体を削り取ってみます。



004.jpg球体を配置して 同様にコピペします。
ペーストオプションはSubtractです。



005.jpgうまくいきました。骸骨の形状が崩れてる
のは、コピペするまえに形状をスカルプトツールで削ってみたからです
それも うまく反転されてるようです。
クレイのコースネスをあげてやれば もっと精度は上げられるでしょうがマシンのスペックも さらに高いものが必要になりそうです。


posted by づづ at 20:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ClayTools | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。